ニューウエイズ

ニューウエイズ(Neways)は、商品の販売と販売員拡大にMLM(マルチレベルマーケティング)の形態を用いて、世界22カ国(2007年1月現在)で事業展開をしているアメリカ企業のニューウエイズインク(Neways inc.)社とグループ会社の総称である。(ニューウエイズインク社では「Neways」を日本語で「ニューウエイズ」と表記し、「ニューウェイズ」の表記は使用していない。)

アメリカ合衆国ユタ州スプリングビル市に本社があり、グループ本部はアメリカ合衆国ユタ州セーラム市にある。 各国に事業進出しているニューウエイズグループの事業会社及び団体は、ニューウエイズインク社内の一部門(国際部門)であるニューウエイズインターナショナル(Neways International)が統括して管理を行っている。

日本には、神奈川県横浜市神奈川区内に、ニューウエイズ取扱い商品を日本市場に輸入することを目的とした日本法人のニューウエイズジャパン株式会社と、日本国内の商品販売と販売員組織管理を行うニューウエイズインク社の関連会社であるアメリカ法人のニューウエイズジャパンインク社(Neways Japan inc.,アメリカ合衆国ネバダ州カーソン市)の日本支社がある。

ニューウエイズが採用している販売方法のMLMを、ニューウエイズジャパンインク日本支社が日本市場向けに「ネットワーク・マーケティング・システム」(又はネットワーク・マーケティング)と称しているが、日本では「特定商取引に関する法律」(特商法)に定義される「連鎖販売取引」に該当する取引方法である。 ニューウエイズジャパンインク日本支社では、2005会計年度(2004年9月〜2005年8月)におよそ643億円の売上高があったと公表している。これは、ニューウエイズグループ全体の売上高の6割以上を占めている。

1987年にトーマス・E・モウワーとレスリー・ディーアン・モウワー元夫妻がニューウエイズインク社を創業し、共同所有していたが、2006年10月に投資会社であるゴールデンゲートキャピタル社(アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ市)へ所有権を売却した。 この売却によって、共同創業者・所有者でありニューウエイズビジネスのカリスマとして加盟者達から多くの支持を得ていたトーマス・E・モウワーと元妻のレスリー・ディーアン・モウワーは、ニューウエイズインク社及びニューウエイズグループとの関係が消滅した。

トーマス・E・モウワーは、ニューウエイズインク社の売却以前の2005年に新たにMLMを販売手法に取り入れた会社(Sisel:シズル)を設立し、将来のニューウエイズインク社の売却に備えていた。現在は、新会社での活動を行っており日本への参入が計画されている。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。